翻訳さとり日記
30代文系主婦、特許翻訳者への道
学習記録

学習記録(2022/7/31-8/1)

目標

・市場調査、明細書検索(トライアルの課題となりそうなもの)

実績

・動画視聴(トライアル関係)
1181_トライアルレビュー(メディカル)
1548_トライアル突破のための脳内可視化手法
2593_トライアル応募先選定ノウハウ
3200_トライアル先をどう探すか
3793_トライアルのタイミング(ステントグラフト編)
3812_トライアル応募時の注意点
3814_儲かる分野の探し方
4117_トライアル突破法
4180_情報の読み取り方
・動画視聴(質問力関係)
2773_質問力
4082_質問力とノート作成術
4187_翻訳メモリのファイル形式について
・クライアントリスト作成(16社)

学んだこと

4187_翻訳メモリのファイル形式について

質問へのご回答をありがとうございました。
時間が有限であるという意識が欠如していたことに気づきました。

また、問いの立て方についてもご指摘をいただき、質問力に関する
過去のビデオを見ました。
質問とは、誰かに答えを求めるためのものではなく、
問いを立てることで、自分で課題を解決するためのスキルであると
認識を改めました。

質問力を鍛えるために日々実施することとして、これから
以下の3点に取り組んでいきます。

◆立てた問いを文章化すること(ノートに書くこと)

◆違和感を抱いた際は、その”もやもや”を放置せず、
解決のための具体的な行動へブレークダウンすること

◆一日を振り返る際に自らに問うこと
・今日学んだことは何か
・違和感を感じたことは何か・それはなぜか
・明日は何を学びたいか・それはなぜか

その他、トライアル関連のビデオも視聴しています。
トライアル応募に当たって何をすべきか、まだ全体像を把握できていないためです。

さらに、自力翻訳の練習のため、課題となる明細書を選ぼうとしているところなのですが、
その明細書を選ぶということは、トライアルでその分野を「得意分野」として
打ち出すことになるかもしれません。

市場調査をして、翻訳課題を決めたいと考えています。

明日(8/2)の予定

・トライアル関連ビデオ視聴
→トライアルに向けて準備すべき点をリスト化するためと、
トライアルの形式や、どのような課題が出る可能性があるかのヒントを得るため

・クライアントリスト作り(少なくともあと15社)
→ニーズのある分野と、トライアル応募要件を確認するため

・市場調査
→どの分野にニーズがあるか調査して、得意分野を決めるため
(パテントサロンや特許出願技術動向調査で確認予定)