翻訳さとり日記
30代文系主婦、特許翻訳者への道
学習記録

学習記録(2022/7/6-7/7)

目標

岡野の化学(210)続きから

実績

・岡野の化学(210)~(212)途中まで
・動画視聴
4167_環境整備とスケジュール
4169_バイオメディカルを専門分野にしたいなら
・今後の学習計画検討
・翻訳会社、特許事務所調査
・カテーテルに関する資料検索

学んだこと

・窒素とその化合物
・リンとその化合物
・炭素、ケイ素とその化合物
・アルカリ金属

岡野の化学の1巡目の終わりが見えてきたので、管理人さんに
今後の学習計画を相談させていただきました。

その際、講座受講生に求められている「自分でここまで考えたが、これでよいか」
という、思考の跡が見えるような質問の仕方ではなく、
単に「どうすればよいか」という尋ね方をしてしまいました。
ビデオでその受け身の姿勢を指摘され、反省しました。

どの分野を得意分野として打ち出すかについては、迷いました。
これまで見た特許の中で、興味を引かれたものは以下のとおりです。
・接着剤(講座受講初期に調べる機会があり、印象に残っています)
・水質浄化剤、イオン交換膜、逆浸透法等による水処理
・電池
・食品の凍結乾燥

これらの分野から入るか、それとも、以前から考えていたバイオメディカル分野を
選ぶか考えたときに、ハードルが高いことは承知の上で、後者に挑戦してみたい
という思いがありました。
最近の講座のビデオでカテーテルが題材になっており、無知な分野ながら
興味を引かれたことも理由の一つです。

今後の学習計画を立てる上で、どの項目を勉強すべきか洗い出す必要があります。
カテーテルが題材となっている特許出願技術動向調査報告書(特許庁)を
見つけたので、まずはマインドマップに落とし込みたいと思います。

最後に一点。
Google AdSenseの審査に通過し、広告が配信されるようになりました。

7/5にプライバシーポリシーと免責事項のページを作成して審査を依頼したところ、
7/6にAdSense アカウントが有効化された旨のメールが来ました。
まずは一つ、目標達成です。

明日(7/8)の予定

・岡野の化学(212)続きから
・カテーテルのマインドマップ作成