翻訳さとり日記
30代文系主婦、特許翻訳者への道
学習記録

学習記録(2022/4/13)

本日の目標

・岡野の化学(64)~

実績

・動画視聴
4127_2年でどういう結果を出すのか
・岡野の化学(64)、(65)

学んだこと

ビデオセミナー4127でのアドバイスをありがとうございました。

岡野の化学、橋本の物理を終えたあと、どのような計画で走っていくべきか。
この点がここ数日の懸案事項だったのですが、ビデオで具体的にアドバイスをいただいたおかげで、学習・行動計画が明確になりました。

2022年12月までに化学、物理、数学、生物の勉強を終え、
講座受講開始から1年となる2023年1月に、トライアルに挑戦します。

工程表もトイレに貼ったので、毎日、期限を意識しながら机に向かいたいと思います。

岡野の化学は、第7講 糖類(炭水化物)の単元まで終わりました。

昨日から、ノート作成の際、鉛筆ではなくボールペンで書きこむことにしました。糖類の構造式を何度も間違えてしまい、×をいくつもつけることになりました。気を取り直して、集中して書くことを続けるうちに、糖類の構造式への抵抗がなくなったように思います。

また、ビデオで紹介されたパワーポイント資料が、食品科学の切り口から作成されたものだったようで、その中の
・炊き立てのご飯はα-デンプンだけなので、おいしい
・α-デンプンを放置すると、部分的な結晶化(β-デンプン)が起こってまずくなる
という情報に興味を惹かれました。

この現象をデンプンの「老化(ベータ化)」というようで、これを防ぐような方法があるのではないかと思い、特許庁のDBを調べたところ、やはり、「デンプンの老化を抑制する方法」に関する特許が見つかりました(WO2020/145371・味の素株式会社)。

予想に基づいて検索した結果、思い通りの情報を探し当てることができて、ちょっとした達成感を感じることができました。

明日からは「第8講 アミノ酸、タンパク質」に入ります。

明日(4/14)の予定

・岡野の化学(66)~