翻訳さとり日記
30代文系主婦、特許翻訳者への道
学習記録

学習記録(2022/3/7)

本日の目標

・岡野の化学(28)途中から

実績

・岡野の化学(28)途中から
・岡野の化学(29)

今日学んだこと

ある化合物がアルデヒド基をもつかどうかを調べる際に用いられる反応の一つである「銀鏡反応」が、どのような技術に応用されているかを調べました。

その結果、「銀鏡反応」は、銀メッキや電磁波シールド、レーザー光を用いる治療器におけるレーザー光を効率よく導くための薄膜層や、CDやDVD等の光ディスクを構成する反射膜の形成等に用いられていることが分かりました。

ビデオセミナーの前に銀鏡反応について検索した際は、「アルデヒド基の検出に用いられる反応である」という情報がほとんどでした。偶然、銀メッキに関する資料を見つける事ができましたが、スルーしていました。

ビデオセミナー後に、「銀鏡反応」を「特許」という切り口から検索し直したところ、身近な製品・技術にその反応が活用されていることが分かり、一気に身近なものとして捉えることができました。

岡野の化学の学習の際に、新たに「関連特許を検索する」というアプローチが加わりました。明細書に慣れるためにも、明細書を読む機会を増やしていきたいと思います。

明日(3/8)の予定

・岡野の化学(30)~