翻訳さとり日記
30代文系主婦、特許翻訳者への道
学習記録

学習記録(2022/2/20)

本日の目標

・資料フォルダ分け
・マルコフニコフ則ノートまとめ

実績

・動画視聴
0982_化学の勉強と翻訳業界の未来
0984_アルケンへのハロゲン付加メカニズム
・付加反応まとめ

今日学んだこと

・付加反応には極性反応によるものと、それによらないものがある。
・他の物質との反応が起きやすいのは、飽和結合よりも不飽和結合。
・三重結合に官能基を導入し、官能基付きの二重結合にして重合化したり、共重合化している発明はないか、という視点で調べる。
・岡野の化学では、付加反応の中間状態が省略されている。大学レベルでは、反応を段階的に理解する必要がある。
・エネルギーが低い=安定している。
・必要なエネルギーが小さい=反応が早い、反応が起こりやすい。
・非対称アルケンに対するHX(ハロゲン化水素)の付加反応では、マルコフニコフの法則を考慮する。

ネットで入手できる大学の講義資料も参考にしましたが、電子や化学結合、混成軌道への理解がまだまだ不足しています。現段階で分からない部分は記録の上、いったん保留することとし、次に進みたいと思います。

明日(2/21)の予定

・資料フォルダ分け
・岡野の化学(18)